長府ひなまつり2016/02/07 22:12

わが町の事ながら全く知らなかったんですが、下関市長府で三年前くらいからひなまつりイベントを開催しているらしく、美術館に行ったついでに長府庭園(http://s-kanrikousha.com/teientop.html)と毛利邸(http://s-kanrikousha.com/mouriteitop.html)におひな様と吊るし飾りを見に行きました。長府庭園も毛利邸も四十数年この地に住んでいて初めて行きましたよ…余りにも身近だと案外行かないもんですねえ。

ひなまつりイベント自体は3月まであるようですが、吊るし飾りは今日までだったそうで、良いタイミングでした。

長府庭園梅


長府庭園
長府庭園

長府庭園蔵のひな飾り
上のひな飾りはこの蔵ギャラリーの中にあります。
長府庭園蔵

以下は書院内。ひな人形や下げ飾りはそれほど古いものではありませんが、やはり可愛いものは皆好きらしく、昨日も沢山人がやって来たとか(スタッフの女性がそういってらしたらしい:相方談)。
長府庭園書院ひな飾り

左方向の青い光は照明ではなく、外からの光です…写真の腕が酷いだけです。
長府庭園書院下げ飾り

おそらく初参りで使われたであろう小さい着物たち。
長府庭園下げ飾り2

長府庭園下げ飾り3

長府庭園廊下下げ飾り

こちらは長府観光会館のふぐ雛
長府観光会館ふぐひな

長府毛利邸
防府にも毛利邸があるので、念のため「長府」をつけます。
毛利邸

長府庭園の雛たちとおなじく、ひな人形も下げ飾りもごく最近の物だと思われますが、およそ自分の家には縁がなかったので大変雅な気分になります。

毛利邸ひな飾り

毛利邸下げ飾り

おそらく毛利家の姫君着用の打掛。
毛利邸うちかけ

毛利邸ひな人形

毛利邸ひな飾り

大内雛。実は現物を見るのは初めてだったりする…四十数年この地(以下略)
大内雛

他にもまだたくさん写真がありますが、とりあえずこのくらいで。

毛利邸の辺りには神功皇后の宮殿があったという話もあるので、何か面白い物が無いかと庭園を少し歩いてみたけれど、それをやるにはちょっと寒かったですね…もう少し暖かくなってからまた来ます。

高野山に行ってきました。2015/05/24 19:13

相方の四国八十八ヶ所満願成就に相乗りして開創1200年に湧く高野山に行って参りました。
当初は“絶対混雑するだろうから5月21日以降にしようか”と考えたものの、諸事情を鑑みて5月17日にした結果、多数の参拝者に惨敗…………。

金剛峯寺
金剛峯寺
大塔
大塔
中堂
中門
女人堂
女人堂
善女龍王堂
善女龍王堂

とにかく人出が高野町のキャパシティを遥かに超えていたらしく、歩道から人があふれ車の交通にも影響し、飲食店や売店は長蛇の列。山口県から日帰りで来ているため、帰宅時間を考えると列に並ぶ気になれず、相方に至っては納経を受けるのを断念するなど、当初の予定をかなりはしょりました。混雑必至の期間に強行軍で来たのがそもそも間違いかもしれませんが、今まで何度か来ていた身からするとやはりこの人出は脅威です。

帰りの南海電鉄極楽橋駅で赤飯のおにぎりが販売されており、やっと食べ物にありつきましたが、こういう“イベントごと”の時は、「山で食いっぱぐれて下山してくる」参拝者が多いってことなんでしょうか…。今までは閑散期に来ていたので、そんなに大変な想いをした事が無かったんですね。

赤飯おにぎり
おにぎりうめえ…(帰りの南海電鉄車中)

来月再来訪する予定(予定は変更される場合あり)なので、今回断念した計画はそのとき解消する予定ですが、この期間に合わせて霊宝館で公開されていた寺宝を見る事が出来なかったのは残念です。しかしそのぶん秘仏を拝めたので行った甲斐はありました。

…ありましたが、やはり落ち着いて回りたかったのも事実です。初めて行ったときは大雪で難儀しましたが、その分大変深遠に思えて印象深く、自分の目的によっては来訪を避けた方がいい時期もあるようです。
気分が急いていたため(あるいは加齢による衰え)、金堂の横で派手に転んで左膝と両掌に擦過傷を負いましたので、余裕も必要だと思いました。

邪鬼
足腰鍛えねば…

ところで今回、数年前までは禁止されていたはずの奥の院の写真撮影が解禁になっていた事に驚きました。私がいちばん最近高野山に来たのは20世紀だったので、スマフォが普及したのと関連があるのかもしれませんが、実際はどうなんでしょうね。

奥の院入口
奥の院入口。以前はこの橋から先は撮影禁止だった。


・追記ふたつ
靴袋
今回の為に制作されたらしい靴袋
開創1200年だけあって気合い入ってます。記念に持って帰りたかったけどけっこう汚れていたので断念。

麩菓子
金剛峯寺でふるまわれた麩菓子。
なかなか美味でお土産に買って帰ろうと売店に行った所、販売されていませんでした。パッケージに記載された名前を調べたら、金堂の斜め向かいにある店舗だったので、今度行った時に覗いてみようと思います。

COMITIA100に参加して来た話2012/05/07 00:07

コミティア100から帰ってきました。取り急ぎこの四日間中の事を羅列してみるわ。タイトルは「COMITIA100に参加して来た話」ですが、三分の一はタイバニです。

5/3
ツレのおかげで新刊が間に合ったのでペーパーを作っていたら、イラストにがんばりすぎて夜中の3時くらいまでかかった。それほど手を抜かずにカット描いたの超久しぶり。

5/4
朝9時出発。昼過ぎに東京着、羽田で昼食後、ツレと別行動で私は池袋へ。目的は、ナンジャタウンのタイバニイベント。興奮しすぎてフロアで小銭をぶちまける。そして、いつもならお茶の水でメタルCDを買っている金額を、グッズにつぎ込んだ。買った事に後悔はしていないが、どこに置くんだと若干途方に暮れる。

そのあとツレと合流して、池袋と秋葉原のまんだらけに行くが特に収穫なし。
池袋のまんだらけはスーパー乙女の花園だったのでツレがドン引いていた。

5/5
コミティア100当日。
しかし私が開場後最初に向かったのは、西3、4で開催されていたオンリーイベントだった。
コスプレを堪能してスペースを冷やかす程度にするはずだったのが、パッと見て絵を気に入ったサークルさんの兎虎本を四冊購入。嗚呼。

今回は歴史部での参加で、アンソロジーにも出してみた。完成した時は「うむ、わりとよく描けてるんじゃないの〜」と思っていたのに、数ヶ月ぶりに見たらしょぼいのなんの…。

自分の新刊はいつも通り敗北。だけど、今までのコミティアでは売り上げゼロだったのが、今回は数冊売れた。快挙と言うべきか。

今回のコミティアは、いつも以上にものすごい混雑でサークル回るのも大変。暑さと混雑と披露で色々おざなりになっていたらしく、わりと買ったつもりだったのに、帰宅後見てみたら、ティアズマガジンに紹介されていた本、悪魔のアンソロジー、オリJUNE、痛チャリ制作本の四冊だけだった。

それにしても「JUNEの男は体つきがピヨピヨだからオモロないし…」と言っていた私がオリJUNEとはなあ…。見本誌読んだらいい感じだったんで買ったんだけど。

蛇足ながら痛チャリはもちろんワイルドタイガーの(以下略

夜は歴史部の懇親会で新橋へ。
そこで、明治〜昭和初期アナキズムをやってらっしゃるサークルさんが、洋楽ジャンルだった頃ちょくちょく来ていただいていた「ストラトヴァリウスTシャツ」の方だった事を知る。で、二次会では洋楽同人の事で話が盛り上がる盛り上がる。

5/6
川崎大師に行くつもりだったのに、諸事情あり昼前に蒲田で頓挫。
出発は夕方だったので、国際線ターミナルや国内線第一ターミナルをうろついた。
日本の玄関口として日本文化を…言うふれこみらしいけど、まあしょせんは一般ピープル向けだわなあという印象。

以上。

タイバニはそもそも公式のムック本、CD、ブルーレイその他が欲しかったんですが、気がついたらそれらの肝心な物が手に入らなかったという。しょうがないからそっちの方は北九州や博多、通販でなんとかすることにしますわ。

今回はいつも以上に充実していましたけど、前述通り自分とこの本はお話にならなかった訳で、従って一生懸命作ったペーパーがほとんど見てもらえなくて寂しい限り…。メインジャンルと、DEVILDRIVERのVo.の人と、目を隠した虎徹を描いたんですけどね。せっかくなのでpixivにでもアップしてみるか。

初詣じゃない番外編2012/01/09 21:04

東京大神宮

行ったのは12月29日なので初詣ではないですが、冬コミの時に東京大神宮に行って来たので、番外編としてちょこっと。

何となく訪れたんで、パワースポット系とされている事を全く知らず。若い女性が沢山居たので、ああそういう事ね、と理解した程度です。

正面鳥居で中年男女が何か話しながら境内に入って行ったんですが、男性の方が「ここはホットスポットで有名で…」

…おいおい、おっさん…違うがな ^^;

2012年初詣2012/01/09 00:36

毎年初詣は1月の中旬以降に宗像大社に行くか、道すがら地元のまったくマイナーな神社に立ち寄るかのどっちかなのですが、今年は新年を迎えると同時に地元の神社へ参拝に行きました。
去年、神功皇后由縁地の同人誌を発行し、その時に挙動不審な状態で写真を撮りまくった事もあり、お礼とお詫びを兼ねた参拝です。ホントは全部に行きたかったんですが、何せ真夜中一人。交通事情が厳しくない数社を参拝しました。
なお、一部(夜)除いて文中で使用している写真は、同人誌制作の為や、別件で撮影したものです。
さて、行った順にれっつごー。


・長門一ノ宮 住吉神社

住吉神社拝殿

住吉神社本殿

祭神は住吉大神の荒魂、他四柱。由緒は公式サイト参照。もっと詳しく由来が知りたい向きは日本書紀か、私の同人誌参照の事(後者は冗談ですがある程度説明してます)。
日が変わる頃に大雨が降り出したので、参拝者も少なかろーと油断していたらとんでもありませんでした。神社の裏にある駐車場は入るのに手間取ったものの、多少余裕。同じようにここから本殿に向かっていた人々が、お参りの前に露店に直行だったのは苦笑であります。
それでもお参りするのに行列ができました。並んでいた男性曰く「去年よりも少ない」と。昼間は大変だったんだろうな…。

元旦の住吉神社拝殿正面


・長門二ノ宮 忌宮神社


忌宮神社正面

忌宮神社拝殿

祭神は神功皇后、仲哀天皇応神天皇山口県西部が穴戸と呼ばれている頃の豊浦宮(皇居)の場所と伝わっております。由緒は公式サイトへ…、あるいは私の(以下略)。蛇足ですが仲哀天皇は神功皇后の夫、応神天皇は息子。
住吉神社に比べると多少マイナーなせいか思ったほど人は居ませんでしたが、それでもある程度並びました。氏子さんの「ふぐ雑煮一杯100円でーす」に惹かれましたが、先を急いで撤退。


・長門三ノ宮 杜屋神社


杜屋神社拝殿

祭神は三穂津姫神。知名度の低い女神様だと思いますので、手前味噌ながら自分の同人誌より抜粋
「日本書紀神代下第九段の一書第二のみに記載がある大物主神の妻后神で、高皇産霊尊(記:高御産巣日神)の娘。高皇産霊神が大物主神に、天津神へ反逆の異図が無ければ自分の娘(三穂津姫)と結婚するよう勧めたとある。」
自宅からけっこう距離があるので迷いましたが、せっかくですのでね。
到着すると寂しいくらい人が居ませんでした…。私が参った後に数名やってきましたが。多分、昼間は近辺住民がお参りに来たでしょう。ここは普段来ても社務所が開いてないので、破魔矢でも買えばよかったかなと少し後悔。

元旦の杜屋神社


・若宮神社


若宮神社楼門

若宮神社拝殿

祭神は息長足姫命大鷦鷯命住吉荒魂大神。大鷦鷯(おおさざき)は仁徳天皇。息長足姫命は神功皇后の名前ですが、何故息子(神功の若宮)の応神ではなく、孫である大鷦鷯が祀られているのか等、ちょっと謎めいた神社です。
この神社は吉母という所にあり、「神功皇后が応神天皇を出産した時、この村の者が藻を寄せ集めて敷いた事に対し皇后が喜び、「寄せ藻」が吉母となった。」という伝説のある地です(応神天皇が産まれたのは“公式”には九州)。
境内の集会所には、ご老体が数名集まっておいでで、「お土産がありますので」と、市指定のゴミ袋を一束頂きました。お賽銭がしょぼかったので申し訳なかったです…。


・龍王神社


龍王神社楼門

龍王神社拝殿

祭神は玉依姫命が主祭神で、住吉荒魂大神天津児屋根命息長足姫命誉田和気命綿津見三神が配祀されています。どちらかというと景行天皇(仲哀天皇の父)の由縁が濃い神社ですが、皇后三韓出兵に由来する祭りがあります。
到着したら、拝殿で何か作業されていた宮司さんが奥に引っ込んでしまわれたんですが、不審がられたのか、単に気を使われたのか。


・生野神社


生野神社拝殿

祭神は品陀和気命帯中津日子命息長帯比売命多紀理比売命多岐都比売命市寸嶋比売命彌都波売神。これは神社辞典のような書籍に明記されていた名前で、境内の看板には→応神天皇仲哀天皇神功皇后、宗像三女神彌都波売神…と、多少わかりやすく書かれてます。彌都波売はミズハノメと読み、イザナミの尿から産まれた水の神。詳しくは端折りますが、行教というお坊さんが宇佐神宮の分霊を祀って行ったのが創始です。
到着した時には午前三時頃でしたが、臨時の受付所に巫女さんが二人待機していて驚きました。お守りくらい買って行けば良かったかしらん。


・赤間神宮

赤間神宮楼門

赤間神宮神楽舞

もうここは説明するまでもない有名神社なので説明無しってことで。
同僚の結婚式がここであったのですが、上の写真二点はその時のものです。
神功皇后との由縁は全くないので取材はしていませんが、何となく気が向いたためシメにお参り致しました。午前四時近かったので駐車場も余裕がありましたが、それでも参拝者が大勢。若者ばかりでちょっと騒々しかったです。

元旦の赤間神宮楼門

以上!おつかれさまでしたー。

それはそうと話は大いに外れますが、大河ドラマは壇ノ浦の合戦までやるんですかねえ。清盛さんはそれ以前に亡くなってるから無理がありますが、2012年下関市民としてはちょっと気になる所。