桜をめぐる:4月1日版2018/04/01 21:02

桜をめぐって、今度は少しだけ遠出しました。

まずは山口県下関市木屋川の河川敷。
「木屋川ラブリバーパーク」という名前がついてます。
実はここ、なんとなく車を走らせていてたまたま見つけたんです…。40数年下関市で暮らしてるけど、こんな桜並木があるなんて全く知らなかった!

木屋川1

木屋川2

木屋川3

木屋川5

好天でしたが少し雲がかかっていて光量が足りなかったのか、写真が暗めですね。

ここは近くに日清食品下関工場が建ってます。この工場屋根にはカップヌードルの大きなオブジェがあるのですが、それごと撮った写真が下…案の定小さ過ぎて見えない…

木屋川4

…ので最大限拡大してみました。

かっぷぬーどる

うーん、自己満足。

次に北九州の高塔山公園へ行きましたが写真はこの一枚だけです。

高塔山公園

帰宅して改めて見てみたら、左下に知らんおいさんが生首状態でバッチリ映ってた…(いちおう隠しましたよ)。

北九州都市高速2号線北側、北九州テクノセンターやゼンリン本社前の道路はなかなか見事な桜街道になっているので、この辺りの会社の人はわざわざ出かけなくても昼ご飯を外で食べれば花見をした気分になっていいのでは

…などとは思わない(会社を離れなければ意味が無いのだ)。

さて、下関市に帰り、下関市花見定番のひとつ戦場ヶ原公園へ。

市内中心部ににあり、しかも天気のよい日曜、当然の事ながらあちこちで大宴会中。バーベキューの匂いが空いた小腹に辛い。カラオケ大会までやってるグループも居りましてよ。中森明菜の曲を歌ってる辺りどう考えても若者じゃないな。
下手に写真を撮るとギャラリーが映って加工が面倒なので、写真は少なめ+近影を中心に。

戦場ヶ原1

戦場ヶ原2

戦場ヶ原3

戦場ヶ原5

住吉神社や木屋川河川敷は今が満開だったのに、ここの桜はすでに葉が出始めてて、花びらがこんなかんじ。

戦場ヶ原4

これを妖艶だと思った私は厨二が過ぎている。
いやだって、この根っこのしなり具合とか色っぽくない!?

しかし桜が散る様というのは大変良い物です。
酔っぱらいがそこにいなければ。

では最後に、桜ではないですが相方宅の近所に咲いていた椿がかわいらしかったので。

八重椿

花は良いねえ。

桜をめぐる:3月31日版2018/04/01 20:02

いやー、忙しかった忙しかったこの3月、中旬から特にシャレならん状態で、心が大変荒んださー。

閑散期の6月になるまで忙しいのが続きそうですが、とりあえず多忙が谷間になった休日に桜が満開状態しかも好天に恵まれたため、土日でささやかなる癒しの桜めぐりを致しましたよ。

住吉神社1

山口県下関市住吉神社でございますー。
今までも何度か写真を撮ってますが、なんだか面倒くさくて、ブログ記事にするのは初めて。

住吉神社2

桜と言いつついきなりタンポポ。
いやその、タンポポ(と、いぬのふぐり)をしみじみ見るのも久しぶりだなあと。

八重のしだれ桜

住吉神社3

住吉神社4

住吉神社5

住吉神社6

満開までまだ少しかかりそうです。

ソメイヨシノ(多分)は満開

住吉神社7

住吉神社8

境内にある厳島神社周辺です。

住吉神社9

住吉神社10

住吉神社11

参道周辺

住吉神社12

住吉神社13

住吉神社14

ここまで本殿の写真が一枚も無いですが、桜という事になると本殿はそれほど出番がありませんで

住吉神社15

せいぜいこれくらい。
左端に本殿の屋根が少しだけ映ってます。

鳥居から神門を望むアングルだとこんな感じ(iPhoneで撮影)。

住吉神社16

まだ気になる桜があったので翌日再撮影に行ったものの、ものすごい人数の観光客(本殿が国宝だしいちおう名所ですのでね…)が参道を歩いてたのでまた来年ということに。来年があるかどうかなんてわからないですけどね〜。

宗像大社バージョンアップ2018/03/04 22:42

宗像大社への初詣は、新年の混雑を避けるという名目で毎年旧正月前後に参るようにしてます。
今年は2月18日に行ったものの、北九州市民マラソン+航空自衛隊芦屋基地の航空祭の渋滞にうっかり巻き込まれ夕方近くなり(宗像大社は午後5時で閉門のため)予定中止。翌週はツレの体調不良で中止。

という訳で3月になりました。
すっかり春めき花も咲き始め、まるで初詣っぽくない初詣です。
花粉も元気ハツラツだったらしく中年になってから現れた各種不快症状でぐったり

閑話休題

行って驚いたのですが

親方ーっ宗像大社の門と拝殿の間に屋根がー

神門と拝殿の間に屋根が出来とる!!
去年の初詣時にはもちろんなかった。

親方ーっ宗像大社の門と拝殿の間に屋根がー2

雨天や炎天下でもお参りしやすそうですが、社殿が正面から見えないのはなんかつまんない…(´・ω・`)<額が隠れとる
造りに(仮)感が漂うので後日解体されるのかもしれないけど。

親方ーっ宗像大社の門と拝殿の間に屋根がー3

そして第二宮、第三宮に行ってまたびっくり。
社殿が出来立て!

第三宮1

大勢の人を避けた為に変な角度の写真ばかりですが

第二宮1

第三宮2

もともと第二宮、第三宮の社殿は、伊勢神宮式年遷宮の際のお下がり(語弊)で、この時のボランティアガイドもそのように説明していたんですが、目の前にある社殿はどう見ても新築。

この時点で、世界遺産に登録されたのが去年だったと思い出す。
そのことで予算が増えた…訳でもないと思うので、宗像大社の威信をかけたんでしょうか。
(手水舎に柄杓が無くなった事については詮索しないでおく)

高宮(ご祭神の降臨地と言われてる場所)にも参拝者が沢山。
ここへ来るのはよっぽどの神社好きくらいだと思ってたけど。

高宮

ツレは「ここに神様はいるんだろうか(三柱ともそれぞれの社殿に行ってるんじゃないか)」というような事を言ってましたが、神様というのは人の信仰の場にあるので望めばそこにおわすだろうし、参拝者が大勢いるので営業に来てくれてるんじゃないですかね。「世界遺産にも登録された事だし行ってあげようかしらね」
なんて具合に。

たぶん7年ぶり京都(後編)2018/02/18 22:49

京都のロウソク
京都の蝋燭。

東本願寺→龍谷ミュージアム移動中。

・気に入った風景その2

なか卯

なか卯が入ってるビルが昭和初期的でいい感じ。

・気に入った風景その3

バル

気に入ったと言うか気になった、店の名前「KAKIMARU」の上にある“貝と白ワイン”に心揺さぶられたバル(営業前)。京都泊ならふらふら吸い込まれたかもしれない。

龍谷ミュージアムに到着。龍谷大学の学生さんがあずき粥のふるまい中。小腹が空いてたので大変有り難く頂戴しました。アンケートにたいしたコメントも出来ず申し訳ない気分。

龍谷ミュージアム小豆粥

当日開催されていたのはこれです。

龍谷ミュージアム展示

500円で申し訳なくなるほどの展示でした。
孔雀明王像や両界曼荼羅の前で中二心を揺さぶられて来ましたよ。
西域の仏像は創作意欲をそそられるマッチョもとい肉体美ですね。

龍谷ミュージアム目の前、西本願寺へも立ち寄りました。
さすが本願寺、巨大な(略

西本願寺

西本願寺2

東本願寺同様親鸞さんと阿弥陀様を(略
以前一回来たんですが、その時も急いでたな…

さて次は東寺へ行きます。
バス利用、もしくは京都駅から近鉄って手も考えたんですけど、体力が残っていたのでレッツ歩き敢行。ストップウォッチで時間を計ったところ、西本願寺→東寺は私の鈍足で約22分でした。

ところで東寺とは関係ないんですが、道中横を通り過ぎたイオンモール京都の駐車場が有料だったので、さすが京都は都会だなあと思いました(小並感)。
そしてイオンモール真向かいに「伏見稲荷」の看板と赤い社殿が見え、気になったもののスルー。帰宅後調べたら伏見稲荷の御旅所でした。進行方向なんだし境内を通るくらいすればよかった…。

化野への予定変更第二弾、東寺(教王護国寺)到着。

東寺1

東寺2

東寺4

東寺5

冬の特別拝観で五重塔の内部公開中。以前拝観してるはずですが、記憶が全くないんですよねえ。何を見てたんだろう。今回はしばらく忘れないように一生懸命拝見しましたよ。

東寺3

今は寒々としたこの風景も、春になったら美しいでしょうね…。

東寺6

金堂と講堂、特に立体曼荼羅は忘れるはずも無いけど、明王部を一番凝視するのは「孔雀王」で仏教に興味を持ったオタクの性です。

今回の特別拝観では前回の時は行かなかった観智院を拝観。本堂で五大虚空蔵菩薩と愛染明王を堪能しました。書院造りの建物は元は研究所だったそうで、落ち着いた雰囲気の施設です。終の住処にするならこういうところがいいな…。叶わぬ夢ですが。
みなさまも予算や時間の余裕があれば今度の機会に是非。

そうそう、愛染明王の前に置かれてあった護摩木に「タナトフォビア克服」と書いて来ましたよ。もはやなりふり構わず神仏頼り。

東寺7

観智院売店で購入したお線香(500円)。
今自宅で使ってます。やわらかくて上品な香り。

取り急ぎが過ぎた京都日帰り旅行もこれにて終了。
帰りも歩きで京都駅へ。来た時と同じく新快速で新大阪に向かうつもりでしたが、新快速待ちの乗客の人数に田舎者ビビる!
向かいのホームに各停普通列車が停まっていたので行先(西赤石)を確認、席も空いていたので飛び込みました。ここへ来てさすがに足が限界だったのでありがたく着席。新快速の倍の時間がかかりますが帰り時間は多めに見積もっていたので問題ありません。

新大阪駅では台湾肉そばを食べたけれど、なんだか物足りなくてキオスクでチーズちくわを買い、予定通り帰りの「さくら」に乗車。
車中でチーズちくわを食べたもののまだ足りずに土産に買った東寺餅を食す。この写真じゃ緑っぽいですが真っ白な餅ですよ。

東寺餅

全部食べてません2個だけです。

観智院を出た時点で午後4時30分になり閉門され、境内を通り抜けられず北方向の路地経由で店を発見、餅が呼ぶので買ってしまった。1個140円。大福餅の一種かと思ったんですが皮が求肥で大変美味。

雪が降り始めたので肝を冷やしましたが無事帰着。乗り遅れと忘れ物&落とし物もなんとか回避。お疲れさまでした私。

出かける前まで緊張しましたが、久しぶりの一人旅は楽しかった!
私はこれまで行き当たりばったりの旅ばかりしていたんですが、事前調査をするとこんなにも事が運びやすいのかと初老にしてやっと気がつきました。人に頼りすぎると色んな感覚が衰えることも実感。あの建物の写真撮っておけばよかったとか、あそこは立ち寄れたよなーとか、今になってそんな事を思い出してます。

おまけ:乗り換えの徳山駅にて。

しゅうニャン

たぶん7年ぶり京都(前編)2018/02/18 20:24

先週2月11日に日帰りで京都へ行ってきました。晴明神社へ古札を納めるのがメインイベントです。崇敬会に加入してから御札が郵送で到着するようになったので、つい足が遠のいてたんですよね。札が7枚あるので7年ぶりのはず。

晴明神社お札

一人旅なので当然全て自分でやりましたが、ここ数年こういう事はほぼ相方に投げっぱなしだったせいで、あらゆる感覚が鈍っていて愕然としました。サボっていたら色んな所が衰えるんだなあ。最近意欲減退甚だしいけれど、そのせいですかね。

さて当日。新幹線利用時の一番の心配の種が「もより駅前の駐車場確保」。以前それで失敗したことがあり、新幹線利用時は無駄に早めに来るようになりました。今回も発車時刻の1時間半前に到着。幸い最安値の駐車場にひとつ空きがあり、最初の難関はめでたく突破。あとは乗り遅れと忘れ物&落とし物…冗談じゃないんですよ、それくらい最近うっかりが多いんですよ(加齢!)。

1時間半も案外あっという間に過ぎ、新幹線乗車です。
私の地元から関西日帰りで滞在時間を少しでも確保するためには、この前の便「ひかりレールスター」を利用するのがセオリー(かどうかは不明だけどこれに乗った乗客は多かった)、しかし“のりもの乗車も旅行のうちー”という謎ルールで「さくら」初乗車。

新幹線さくら

広くて揺れも少なく大変快適。

新幹線さくら車内
(帰宅後パソコンで確認したら人が映ってたのでびっくりした…)

「さくら」は新大阪止まりなので京都へは新快速利用。新大阪⇔京都間なら普通列車に乗り換えた方が少しは予算の節約になるじゃん!という貧乏くさい思考によります。
…とはいえ“のりもの乗車も旅行のうちー”なんてのんきな事をのたまっている場合じゃない混雑で、車通勤者には辛かった。普段満員電車には縁がないので考えようによっちゃこれも旅行の醍醐味…(満員電車なんてコミケ時のりんかい線だけで充分)。

満員電車を20分弱体験し京都に到着。ホームの立ち食いうどん店で少し早めの昼食を取ったあと、急ぎ晴明神社へ向かいます。いつもは市バスに乗るんですが、今回は地下鉄を利用しました。
当初は晴明神社のあと化野に行く予定を立てていて、その行程なら一日乗車券でバス移動したんですが、化野念仏寺の竹林が閉鎖されていたので計画中止。西院の河原が主な目的だけれど、竹林の小径も歩きたいし…という訳でまたの機会に、となりました。

地下鉄烏丸線 国際会館行 今出川駅下車。晴明神社まで歩いて12分程度らしいですが、出入口の選択を間違えた(6番が正解だったのに2番から出た)ため時間が倍かかりました。今出川通りを歩くはずが見つからず、うろうろするうちに予定より北に移動してしまい(つまり迷った)…。
ただ、ほぼ碁盤の目状態ゆえにタテヨコ移動でなんとかなるのが京都(中心部)の強み。同志社大学新町キャンパスの側を通り、町家風佇まいの民家を眺め、おお京都っぽいねえ〜と、おのぼりさん的思考をしながら歩き、晴明神社到着。

晴明神社1

晴明神社2

晴明神社4

晴明神社3

同社は相変わらず参拝者が沢山ですね。女性が多いのはいつもの事だけど年配の男性も目立ちました。以前からこういう感じだったかな?7年の間に何か陰陽師的な作品があった?

晴明神社6
※同じアングルの写真が並んでますが、iPhone(↑)と
コンデジ(↓)の違いを見る為の個人的サンプルです。
晴明神社7

晴明神社9

晴明神社8

晴明神社9

晴明神社11

晴明神社12

晴明神社13

無事に古札を納め、次はいつ来訪できるかわからないので境内をしつこく散策しつつ名残を惜しみ、帰りは予定通り今出川通り経由で地下鉄に乗り一旦京都駅へ戻ります。

化野への予定変更第一弾は龍谷ミュージアムです。
京都駅から歩いて行く途中に東本願寺のそばを通るので同寺に立ち寄りました。実は今まで訪れてなかったんですよね。今まで何度も京都に来てるのに。

・気に入った風景その1
京都駅→東本願寺の途中の路地裏、ビルの外壁のエビス様。

※違いますね布袋様です…(2月19日 0時20分注記)
※↑も間違ってますね大黒様だっての。(2月19日 12時34分注記)ブログは一度ちゃんと寝てから推敲するべきだ。

えびす遠

えびす近

東本願寺到着。さすが本願寺、巨大な伽藍。

東本願寺1

東本願寺2

親鸞さんと阿弥陀様を急ぎ拝み先を急ぎます。

(後編へ続く)