下関市立美術館特別展示〜山口の八幡信仰2016/02/07 22:06

今年の1月5日から2月21日開催の下関市立美術館特別展示「山口の八幡信仰〜八幡縁起絵の展開と創造」に行ってきました。

山口の八幡信仰

元来が情報受け身体質で、相方がリーフレットを新下関駅で発見するまでこの展覧会に全く気がつかなかったうえ、山口の一地方の八幡信仰か〜〜などと少々舐めてかかったところ、リーフレット内に「塵輪(じんりん)」の名を見つけて手のひらを返した次第です。

どちからかというと所蔵品展の「特集:いきもの〜動物・植物・虫をめぐる美術」の方がメインで、こちらのほうは山口の八幡信仰研究報告の体です。美術館の説明には「山口県内に伝わる室町時代から江戸時代の八幡縁起絵巻9点を、特別に展示します。」と明記されていました。

原本を時代ごとに模写、アレンジを加えて行った結果「こだわりの初期(室町時代)〜簡略化された中期〜画力が上がった後期(江戸時代)」となっていたのが観察できて楽しかったのですが、達筆の草書で書かれた文章がほぼ読めなくて残念でした(あまり上手でない文字の方が楷書気味でなんとか読めました)。この絵巻はそもそも一部分だけしか展示されておらず内容が大変気になるので、原文で構わないので全文を写植(フォント)で公開していただきたいものです。

この度の研究論文が収録された「研究紀要」が売店で販売されていたので購入しました。さきほどざっと目を通してみたのですが、この展示会に行くきっかけになった「塵輪」については殆ど触れられていません。縁起の内容で「塵輪という化物があらわれ、仲哀天皇応戦し流れ矢にて仲哀天皇は崩御する」と説明されている部分のみです。
塵輪は長門二ノ宮である忌宮神社の「鬼石」と「数方庭」に由緒のある新羅の武将と伝わる人物ですが(忌宮神社公式HP「境内案内」参照 http://iminomiya-jinjya.com/place)、八幡縁起絵巻で多頭の化物として現れているのは一体どういうことなのか大変気になります。くだんの論文を書かれた教授と学芸員各氏におかれましては、何卒塵輪についても言及していただきたくよろしくお願いします。

九博「美の国 日本」2015/11/02 00:47

10月30日に、九州国立博物館で開催されている「美の国 日本」に行ってきました。
ポストカード

正倉院宝物が展示される時期だし、絶対混雑すると思って私にしては早めに家を出たのですが、結局2時間近い駐車場への待機となりました。
九博は公共交通機関でのアクセスに若干の問題がある(最寄り駅から少々歩く・雨が降ると詰む)ので、どうしても車利用になるのですがどうにかならないもんでしょうか。「明日はもっと凄いんだよ…」とぼそっとつぶやいた警備員氏二人が少々気の毒でした。お疲れさまです…。

私の最大の目的は「遮光器土偶」と「埴輪 踊る人々」だったので、このふたつを見た時点で満足し、大変な混雑だった事もありもう出ようかな?などと考えたのですが、生来の貧乏性もあってなんとか全て観覧完了。

韓国の国宝「金製冠飾」が見事だったので、向かいに展示してある「甲冑」に目を向ける人はあまり居ませんでしたが、神功皇后やその時代の古代日本にこだわる身としてじっくり観察しました。首の周りにもちゃんと防具があったんですね。見る限りただの“金属の輪っか”なので、装着すると苦しそうな気がします。

前期の展示のみですが、密教関係の書籍にはだいたい掲載されている東京国立博物館所蔵の「孔雀明王像」と仁和寺の「孔雀明王像」を目に出来て感激もひとしおです。そのすぐ側に「三鈷柄剣」が展示されていて、「孔雀王」を愛読した厨二にはたまらん光景。素晴らしい。

正倉院宝物の「螺鈿紫檀五絃琵琶」にはガラスケースの間近で見ようと大行列が出来ていましたが、私はケースからちょっと離れた所から眺めるに留めました。写真で見るよりずっと美しかったので、現物を見る意味は絶対あるなと感じた一品です。

今回は軽く言うと、「九州国立博物館オープン10周年記念日本の名品を集めてみましたよ!」という展示会だと思いますが、教科書や資料で見たものを、実際に見る事が叶って大変有意義でした。土偶や埴輪は小学生の頃からの憧れだったのでなおさらです。

しかし今回思ったのですが、混雑でじっくり観察できないのはあまり面白くないですね。今後、可能なら平日に有休を取って来る事を検討した方が良さそうです。

とある書籍2015/05/13 23:19

既に一週間以上経っていますが、5月5日に東京ビッグサイトで開催された「COMITIA112」は無事終了致しました。参加された皆様お疲れさまでした。
通常なら終了後、歴史部( http://www.webfrontier.sakura.ne.jp/goudou/ )の懇親会に参加するのですが、給料が下がった(ので宿泊費の節約)というシケた理由により開場から直帰しました。今後自分の給料が上がる可能性はほぼ無いので、身の振りを考えないといけません。ふはーっ。

今回の新刊「神功皇后由縁の地探訪機 筑紫行幸前編 補」は、地図と写真とかいつまんだ説明のみ掲載した「筑紫行幸前編 序」の、より突っ込んだ解説&漫画やイラストを盛り込んだ物になる予定だったのが、発行寸前になって衝撃の出会いがあり路線変更となりました。

その衝撃の出会いがこの書籍。
神功皇后伝承を歩く 上

一体何でこのタイミングで私の前に現れたの(涙)、自分が把握できなかった由縁地が明らかになっているけど、でも今更追加取材も出来ないしいっそ今回も落とそうか…などとぐるぐる考えた結果“補”は16P程度の小冊子となりました。それなりの内容になっていると思いますが、後で文章の稚拙さや事実誤認に頭を抱える予感がします。

さて、くだんの書籍「神功皇后伝承を歩く」は、ネットでちょっとした調べ物をしているときに著者のブログ記事を見つけ、急遽購入したのですがいやまいった。今まで自分が調べて来たものが無駄になった気がしてしばらくブルー。
しかし私は単純なので、次の探訪が楽になると早めに立ち直りました。神功皇后の情報を得る方が重要なので、良い資料が出てくればその方が圧倒的に助かります。

「神功皇后伝承を歩く 下」が既に発行済なので、近く購入予定です。
神功皇后関連の書籍は案外沢山あり、神功皇后にこだわる身としては一度は読んでおきたい気もします。ただ、飛躍した仮説もちょくちょくあり、妄想込みと開き直っているならともかく“これが真実!!”とばかりに大上段に構えている向きは大変疲れます…。特に「神功皇后と卑弥呼同一人物説」は何故突拍子も無い方向に傾くんですかねえ。面白いんですけどね。