新年+コミケ91とサークル休業のお知らせ2017/01/10 02:19

新年は既に過ぎましたがあけましておめでとうございます。

コミケ91にて「闇神楽葬祭殿」に訪ねていただいた方には遅まきながらお礼申し上げます。どうもありがとうございました。
夏は深刻な体調不良によりスペース内に座りっぱなしだったのですが、今回は割合調子がよく、買い物にも回りました。
しかしながら最終日の帰り道、りんかい線国際展示場駅の前で、大したことのない段差につまずいて盛大にスッ転び、強打した部分の青あざが一週間以上てもまだ消えません……足腰鍛えねばマズい。

さてペーパーでお知らせ致しましたが、当方八槌西流はオフラインでの同人活動をしばらく休業することにしました。やる気や体力の減退が大きな理由ですが、惰性でやって来たことも含め、ここらで色々と見つめ直そうと思ったのもあります。
当分はTwitterやpixivで細々と落書きを上げながら(※希望的観測)、イベントへは一般(含:知人のサークルの売り子)として参加します。

このブログも開店休業状態なので、もうちょっと活用したい物ですが……って毎年ゆうてますが。

とにかくも、2017年は「原点回帰」と「インプット」の二本立てを命題にしたいと思っております。

コミケ91のペーパーはpixivにアップしました。下記リンク参照にて。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60868196

コミケ90領布情報2016/08/13 01:36

普段のイベント前はバタバタしていて告知など何もしていないのですが、今回は取り急ぎ領布情報告知です。(今回バタバタしてないかと言うともちろんそんな事はありません)

C90の「闇神楽葬祭殿」は3日目の歴史ジャンルに居ります。
(あえて配置番号はここでは明記しません)

新刊:「神功皇后由縁地探訪記筑紫行幸 後編 序」
既刊:「すくねがたり」
   「神功皇后由縁地探訪記筑紫行幸 前編 序」
   「神功皇后由縁地探訪記筑紫行幸 前編 補」

領布価格は全刊100円。

なお当方、ここのところの猛暑にて体調を崩しかけており、状況によっては早めに撤収するかもしれません。いのち大事に。

取り急ぎこんな所で、よろしくお願い致します。

コミケ89新刊の誤字について2016/01/06 23:51

コミケ89で発行致しました新刊「すくねがたり」に、誤字がありましたのでご報告致します。

P7…×深湯→○探湯

P8…×明神深湯→○盟神探

P9…×挑戦半島→○朝鮮半島


購入された方にはご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。
今後は余裕を持った原稿制作をこころがけ、再発防止に努めます。





(以下釈明)
今までは、自力で校正するにしても必ず紙に落として最低二回は見直しているのに、今回はモニタ上で目測するに留めたのが最大の原因です。
なにはなくともまずテキストだけは余裕のあるうちに出力して、自分以外の誰かにも確認してもらうべきだと痛感しました…。
まず余裕のある原稿描きをせえよ、と。

変換ミスによる“挑戦半島”は、次の行ではちゃんと“朝鮮半島”になっていて間抜けなのですが、“明神深湯”に関しては「関連書籍を見ながら」文字を入力して間違えているので、もう大馬鹿者としか言えません。

なお、「探湯」および「盟神探湯」の読みについて、誤字を発見したあと参考文献を確認したところ、“クタチ”となっていましたが、当方が最初に探湯を認知した書籍では「くたち」とルビが振られていたため、ひとまず後者で通しました(応神天皇の名「ホムダワケ」も同様)。ご了承ください。

謹賀新年+冬コミ2016/01/05 00:06

あけましておめでとうございます。

年末から新年にかけてあったかいを通り越して時には暑いくらいでしたねえ。
暑いのが大変苦手なこともあり、夏コミはシンドかった事しか覚えてないのですが、今回の冬コミは奇跡的に寝が足りていたこともあり、慌ただしくも楽しかったです。普段の運動不足がたたって正月三ヶ日はまともに歩く事が出来ず、色々やりたい事はあったのですが諦めてダラダラと過ごしました。

夏コミで新刊を落としたため、冬コミではなんとか何か形にしようと奮闘した結果、本文8頁程度ですが新刊…“刊”というには薄過ぎますが…をリリースできました。夏コミで発行する新刊の為に作ったネームがあったので、本来ならそれを描いて行けばよかったんですが、改めて読むとつまらなかったので、やめときゃいいのに全面没にしたんですよええ…。
デフォルメされた絵が多い+状況的に背景無しの為に(上手い下手は置いといて)絵は割合サクサク描けたんですが、ネームをやるまでが本当に大変で…年々脳の働きが衰えて少々焦りを感じております。

さて今回はペン入れから仕上げまでを本格的にデジタルでやってみました。世がクリスタに移行しつつあるというのにコミスタ使用ですよ。減価償却もしないうちに移行するのは切ないので、なんとか使い倒そうと貧乏人根性丸出しでがんばってます。

しかし使ってみると色々とアテが外れた事があり、その最たる物がベジエ。Illustratorとは使い勝手が違うので、無機物を描く時に大変困りました。コイツは早く癖を覚えないと、せっかくデジタルなのに図形ツール+フリーハンドで描く羽目になってしまいます。まったくとんだアラフィフの手習いです。

2015年は仕事のミスも多かったし、お絵描きもサボっていたし、コミケの度に足を痛めて動けなくなるのもいいかげんどうにかしたいので、今年はもうちょっとメリハリをつけるなどして生活の改善をしたいですね。
…毎年同じような事を言っては玉砕してますけども!


今回の新刊のひとこま
※今回の原稿で一番気に入ってるコマ
「すくねがたり」 A4 P12 コピー誌
次のイベント参加は、5月5日 COMITIA116 の予定です。

今年見たテレビアニメ2015/10/26 00:24

帰宅時間が不規則なこともあって、続き物はあまり追いかけない、録画するとその安心感からいつまでたっても見ない、ゆえにリアタイもしくは期限付き視聴を常とする私ですが、今年は宇宙戦艦ヤマト2199以来ひさしぶりにテレビアニメを追っかけてみました。

■血界戦線
日曜の夜中0時30分開始(BS11)=日曜は休日なので必ず家に居る、見逃しても一週間バンダイチャンネルで配信あり、というのが功を奏したらしく、5話以外はなんとか見る事が出来ました。
アニメオリジナル部分には賛否あったようですが、「原作を読めばアニメ見なくても」と視聴を止める傾向がある私にはちょうどいいオリジナル配分でした。原作はのちほど読む予定です。

ホワイトの結界に関しては正直「そりゃないだろ!」となったけれど、両親を誇りに思い、でも能力がない自分にコンプレックスを持っていた彼女にとって、最高の選択だったのかもしれないと思いました。残されたブラックにはLHOSの人もレオも居るから大丈夫かな。

最後の意味深な終わり方は二期のフラグではなく(いやもちろんあっても大歓迎ですよ?)、絶望王はこうやって昔から生き続けて来た、という事実を示した点で大変よろしいですね(自信なさげ)。

ところで、アニメだけの印象で一番気に入ったキャラは師匠。CV:柴田秀勝というのが最高じゃーないですか。


■GANGSTA.
タイトルと事前の作者のツイートなどから「ジャンキーの若者がただ暴れる」漫画だと思いスルーしてたんですが、アニメのメインビジュアルが思いのほかオヤジ天国だったので加齢にもとい華麗に手のひらを返しました。放映後、主役二人が三十代だとわかり気分は俄然盛り上がる!…はずだったんですが…。

夏コミ上京のため5話を見逃して以降、結局最終話まで見ずじまい。平日の夜中0時30分開始(BS11)、配信は一週間に一度というのは、8月後半以降深夜残業続きの私にはしんどかった。
一度バンダイチャンネルで一挙配信というチャンスがあったのに、それを逃したのは痛かったなあ…。

4話以降を観ていないのでその時点の感想ですが、ウォリックやニコ、アレックスの過去、ビッグママの店で寝たきりになっていた女性、黄昏種と薬など、意味深なシーンが同時進行で進むことに少々ストレスはかかりました。制作側が「アニメが気に入ったら原作を買うだろう」と意図したかどうかはわからないけど、この辺の謎解きは、アニメ側の演出でそれぞれ一話分使って披露しても良かったかもしれない。
いまひとつ熱意が込められなかった他の理由として、ほぼ原作通りならば後で原作読めばいいやと言う気分になった事があるんですが、アニメオリジナル展開はどう転ぶかわからないしなあ…などと思っていたら放送終了後に制作会社倒産の報を聞き、いたたまれない気分になりました…。何かスマン。

■鉄血のオルフェンズ
※最後はミーハーなオバはんの雄叫びになっているのでご注意。
主人公は少年で躊躇なく人を殺すらしいと聞き視聴をためらっていたんですが、まずは見てから判断しなきゃ…ということで、とりあえず1話と3話を見ました。2話は知人が録画してるのを見る事になりそうです(1話分なら溜めないで済みそう)。
「躊躇なく人を殺す少年の生い立ち」は推して計るべしだったし、死を軽んじてるわけではなかったのでそれなりに納得しました。

少年達の状況もシンドイですが、上に立っている大人がクズ揃いなのもシンドイ。まあ社会人あるあるですが、ちょっとはまともな大人も出て来て欲しいもんです。今の所整備士の雪之丞氏の存在が救い。

しかしなにより私が現時点で大変不満なのは、クランク・ゼント氏を3話で撤退させた事です。

第1話で彼を見た時、見た目がツボに入った事もあり、これは主人公側に寝返って少年達とぶつかり合いながらお互い影響し合って信頼を育てるヤツなのでは!?ってワクワクしながら第3話を見た私のがっかり感がいかほどか!!おわかりいただけるだろうか!!三日月にとどめを刺すよう依頼するときの彼は色気満載で大変素晴らしかったですが!せめて物語中盤まで生きて、ランバ・ラルくらいの活躍をして欲しかった!!!あんなカッコいいオヤジをこんなにあっさり退場させるなど愚の骨頂である!!!思わず「あっ、次回から見るの止めようかな…」と思ったじゃないか!見るけど!

…とまあとりあえず言いたい事は色々あるけれど、まだ初盤なので感想もまだ早い気がするし、しばらく様子見ですね。