下関市立美術館特別展示〜山口の八幡信仰2016/02/07 22:06

今年の1月5日から2月21日開催の下関市立美術館特別展示「山口の八幡信仰〜八幡縁起絵の展開と創造」に行ってきました。

山口の八幡信仰

元来が情報受け身体質で、相方がリーフレットを新下関駅で発見するまでこの展覧会に全く気がつかなかったうえ、山口の一地方の八幡信仰か〜〜などと少々舐めてかかったところ、リーフレット内に「塵輪(じんりん)」の名を見つけて手のひらを返した次第です。

どちからかというと所蔵品展の「特集:いきもの〜動物・植物・虫をめぐる美術」の方がメインで、こちらのほうは山口の八幡信仰研究報告の体です。美術館の説明には「山口県内に伝わる室町時代から江戸時代の八幡縁起絵巻9点を、特別に展示します。」と明記されていました。

原本を時代ごとに模写、アレンジを加えて行った結果「こだわりの初期(室町時代)〜簡略化された中期〜画力が上がった後期(江戸時代)」となっていたのが観察できて楽しかったのですが、達筆の草書で書かれた文章がほぼ読めなくて残念でした(あまり上手でない文字の方が楷書気味でなんとか読めました)。この絵巻はそもそも一部分だけしか展示されておらず内容が大変気になるので、原文で構わないので全文を写植(フォント)で公開していただきたいものです。

この度の研究論文が収録された「研究紀要」が売店で販売されていたので購入しました。さきほどざっと目を通してみたのですが、この展示会に行くきっかけになった「塵輪」については殆ど触れられていません。縁起の内容で「塵輪という化物があらわれ、仲哀天皇応戦し流れ矢にて仲哀天皇は崩御する」と説明されている部分のみです。
塵輪は長門二ノ宮である忌宮神社の「鬼石」と「数方庭」に由緒のある新羅の武将と伝わる人物ですが(忌宮神社公式HP「境内案内」参照 http://iminomiya-jinjya.com/place)、八幡縁起絵巻で多頭の化物として現れているのは一体どういうことなのか大変気になります。くだんの論文を書かれた教授と学芸員各氏におかれましては、何卒塵輪についても言及していただきたくよろしくお願いします。

コミケ89新刊の誤字について2016/01/06 23:51

コミケ89で発行致しました新刊「すくねがたり」に、誤字がありましたのでご報告致します。

P7…×深湯→○探湯

P8…×明神深湯→○盟神探

P9…×挑戦半島→○朝鮮半島


購入された方にはご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。
今後は余裕を持った原稿制作をこころがけ、再発防止に努めます。





(以下釈明)
今までは、自力で校正するにしても必ず紙に落として最低二回は見直しているのに、今回はモニタ上で目測するに留めたのが最大の原因です。
なにはなくともまずテキストだけは余裕のあるうちに出力して、自分以外の誰かにも確認してもらうべきだと痛感しました…。
まず余裕のある原稿描きをせえよ、と。

変換ミスによる“挑戦半島”は、次の行ではちゃんと“朝鮮半島”になっていて間抜けなのですが、“明神深湯”に関しては「関連書籍を見ながら」文字を入力して間違えているので、もう大馬鹿者としか言えません。

なお、「探湯」および「盟神探湯」の読みについて、誤字を発見したあと参考文献を確認したところ、“クタチ”となっていましたが、当方が最初に探湯を認知した書籍では「くたち」とルビが振られていたため、ひとまず後者で通しました(応神天皇の名「ホムダワケ」も同様)。ご了承ください。

謹賀新年+冬コミ2016/01/05 00:06

あけましておめでとうございます。

年末から新年にかけてあったかいを通り越して時には暑いくらいでしたねえ。
暑いのが大変苦手なこともあり、夏コミはシンドかった事しか覚えてないのですが、今回の冬コミは奇跡的に寝が足りていたこともあり、慌ただしくも楽しかったです。普段の運動不足がたたって正月三ヶ日はまともに歩く事が出来ず、色々やりたい事はあったのですが諦めてダラダラと過ごしました。

夏コミで新刊を落としたため、冬コミではなんとか何か形にしようと奮闘した結果、本文8頁程度ですが新刊…“刊”というには薄過ぎますが…をリリースできました。夏コミで発行する新刊の為に作ったネームがあったので、本来ならそれを描いて行けばよかったんですが、改めて読むとつまらなかったので、やめときゃいいのに全面没にしたんですよええ…。
デフォルメされた絵が多い+状況的に背景無しの為に(上手い下手は置いといて)絵は割合サクサク描けたんですが、ネームをやるまでが本当に大変で…年々脳の働きが衰えて少々焦りを感じております。

さて今回はペン入れから仕上げまでを本格的にデジタルでやってみました。世がクリスタに移行しつつあるというのにコミスタ使用ですよ。減価償却もしないうちに移行するのは切ないので、なんとか使い倒そうと貧乏人根性丸出しでがんばってます。

しかし使ってみると色々とアテが外れた事があり、その最たる物がベジエ。Illustratorとは使い勝手が違うので、無機物を描く時に大変困りました。コイツは早く癖を覚えないと、せっかくデジタルなのに図形ツール+フリーハンドで描く羽目になってしまいます。まったくとんだアラフィフの手習いです。

2015年は仕事のミスも多かったし、お絵描きもサボっていたし、コミケの度に足を痛めて動けなくなるのもいいかげんどうにかしたいので、今年はもうちょっとメリハリをつけるなどして生活の改善をしたいですね。
…毎年同じような事を言っては玉砕してますけども!


今回の新刊のひとこま
※今回の原稿で一番気に入ってるコマ
「すくねがたり」 A4 P12 コピー誌
次のイベント参加は、5月5日 COMITIA116 の予定です。

九博「美の国 日本」2015/11/02 00:47

10月30日に、九州国立博物館で開催されている「美の国 日本」に行ってきました。
ポストカード

正倉院宝物が展示される時期だし、絶対混雑すると思って私にしては早めに家を出たのですが、結局2時間近い駐車場への待機となりました。
九博は公共交通機関でのアクセスに若干の問題がある(最寄り駅から少々歩く・雨が降ると詰む)ので、どうしても車利用になるのですがどうにかならないもんでしょうか。「明日はもっと凄いんだよ…」とぼそっとつぶやいた警備員氏二人が少々気の毒でした。お疲れさまです…。

私の最大の目的は「遮光器土偶」と「埴輪 踊る人々」だったので、このふたつを見た時点で満足し、大変な混雑だった事もありもう出ようかな?などと考えたのですが、生来の貧乏性もあってなんとか全て観覧完了。

韓国の国宝「金製冠飾」が見事だったので、向かいに展示してある「甲冑」に目を向ける人はあまり居ませんでしたが、神功皇后やその時代の古代日本にこだわる身としてじっくり観察しました。首の周りにもちゃんと防具があったんですね。見る限りただの“金属の輪っか”なので、装着すると苦しそうな気がします。

前期の展示のみですが、密教関係の書籍にはだいたい掲載されている東京国立博物館所蔵の「孔雀明王像」と仁和寺の「孔雀明王像」を目に出来て感激もひとしおです。そのすぐ側に「三鈷柄剣」が展示されていて、「孔雀王」を愛読した厨二にはたまらん光景。素晴らしい。

正倉院宝物の「螺鈿紫檀五絃琵琶」にはガラスケースの間近で見ようと大行列が出来ていましたが、私はケースからちょっと離れた所から眺めるに留めました。写真で見るよりずっと美しかったので、現物を見る意味は絶対あるなと感じた一品です。

今回は軽く言うと、「九州国立博物館オープン10周年記念日本の名品を集めてみましたよ!」という展示会だと思いますが、教科書や資料で見たものを、実際に見る事が叶って大変有意義でした。土偶や埴輪は小学生の頃からの憧れだったのでなおさらです。

しかし今回思ったのですが、混雑でじっくり観察できないのはあまり面白くないですね。今後、可能なら平日に有休を取って来る事を検討した方が良さそうです。

歯が欠けた件2015/10/27 00:31

三日前に欠けた歯を抜いてきました〜〜〜。
いやー痛かった〜〜〜〜〜><

以前からいまいちコンディションの悪い歯があったんですが、その歯に何らかの固い物質(おそらく日が経って固くなった白米)がうまいぐあいに影響して、バキッと行ってしまったようです。

いやもうホント、今思い出すだけで嫌〜な気分になる音でした。
「バキッ!!!」って。
気持ちよいくらいまっぷたつに割れる音でした
実際は気持ちよいどころか激痛でしたけど。
そういえば骨が折れるときと同じ音がしましたね…(顔面蒼白)

日曜日はだましだまし固形物を少し食べてましたが、今日は液体しか飲めませんでした。食欲は普通にあったので、痛みと空腹の相乗効果でダメージ倍増。
まともに咀嚼できる幸せを文字通り噛み締めました…もぐもぐ…

犬歯の奥隣なので歯抜け状態でほっとく訳にも行かず、歯を抜いた場所の歯茎が安定した所で差し歯を作るそうです。先日やっと親知らずの治療が終わったばかりだったんですが、まあ仕方ありません。

歳取ると痛む所が増えてイヤなもんですなあ。まったく。